ExcelでAIっぽく

Excelに新しいデータ型「地理(Geography)」「株価(Stocks)」が追加されるそうです。 まずはOffice 365ユーザーに提供という事のようですね。 Microsoft Knowledge Graphか […]

Continue reading...

ディープラーニングは敷居が高い?

AIを使ってシステムトレードを行う仕組みは理解できた、それでその次は・・・。 デープラーニング、ニューラルネットワーク、ロジステック回帰・・・、どんどん難しくなっていきます。 こうなるとプログラミングの知識に加え、数学的 […]

Continue reading...

API

Pythonでシステムトレードを行う場合、APIが使えるFX取引会社が必須となるのですが、最近急激にそういった環境が整ってきているように思います。 OANDAというカナダのFX取引会社があるのですが、こちらのAPIは使い […]

Continue reading...

日本はキャッシュレス化が進まない

北欧や中国などでもキャッシュレス化がかなり進んでいるようですが、日本ではなかなか進みませんね。 理由はいくつか上げられていますが、大きな理由は日銀にやる気がない? つまり、キャッシュレス化が進んでしまうと銀行のATM手数 […]

Continue reading...

Python

PythonはAIをプログラムする言語として、注目されています。 何が他の言語と違うかと言えば、非常にシンプルでわかりやすいという特徴があります。 手続き的なコードも最小限ですみ、構造がわかりやすいので手直しも楽です。 […]

Continue reading...

AIトレードへのアプローチ

まず、システムトレードのフローを整理すると、 データ収集 ↓ データ分析 ↓ ストラテジー(ルール)作り ↓ バックテスト ↓ トレード ↓ 結果の考察 こんな感じでしょうか? この中でAIが一番活躍できるところは、デー […]

Continue reading...

AIシステムトレード

AIシステムトレードという表現自体、よくよく考えるとおかしいですよね。 AIに裁量トレードを行わせることの方が逆に大変です。 それはさておき、 AIにトレードを行わせて、勝手に利益を上げ続けてくれたらこれは夢のような話で […]

Continue reading...

RPA レベル3

RPA(Robotics Process Automation)のレベル3(Cognitive Automation)は、「大量のデータをもとに自己学習を行い、最良の判断をするAIシステム」ということらしいです。 まさに […]

Continue reading...

口座維持手数料

3大メガバンクが口座維持手数料を検討しているという記事が少し前にありました。 以前にシティバンクで月に1,000円程度取っていたのですが、今もSMBC信託銀行は口座維持手数料を月2000円取っています。口座残高などによっ […]

Continue reading...

円高の足音

黒田総裁の発言、米国財務長官などのドル安容認発言などを機にドル安が進んでいます。 昨年のドル円は、全般的には108円から116円あたりまでのレンジ相場で、こういった状況がしばらく続くと、その後どちらかへ大きく動く、という […]

Continue reading...