節水は呼びかけても、節電は?

首都圏では7月上旬のうだる様な暑さが、この数日幾分和らいでいます。

荒川水域のダムの貯水量が危機的状況で、取水制限が20%になったようですね。

この数日の極致的な豪雨で、少しは改善されたのでしょうか。

暑い夏につきものなのは、数年前までは節水と節電だったように思うのですが、

このところ節電の呼びかけはあまりないように思います。

一時期、原発が止まっている影響で、火力発電がフル稼働状態で、老朽化した施設のため危険な状況が続いている。

という話を聞いたように思うのですが、今は大丈夫なのでしょうか。

それとも、LEDの普及や省電力機器の普及の影響で、全体の消費電力が抑えられているのか。

はたまた私が世間の情報に疎いだけなのか??

Bリーグ

本日、バスケットのBリーグ 東京アルバルクの試合を見に行ってきました。

選手が大きいせいか、すごく近くに感じて迫力のある試合でした。

バスケットは展開が早く、攻めと守りが細かく変わるので、

戦術的にはデイトレーダー、スキャルパー向きかな。

東京アルバルクの3ポイントの成功率は55%程度、オフェンスリバウンドの獲得率は58%程度、ゴール下に切り込んでのシュート成功率は80%程度。

だとしたら切り込むより3ポイントを多投したほうが有利か。

しかし、3ポイントは決まりだせば連続で決まるが、外れだすと全く入らなくなる、流れに大きく左右される、

そのあたりはトレードと一緒か。

などと考え込みながら見ていたのは私だけでしょうね。

東芝

東芝がいよいよマズイ感じです。

 

もう20年以上前の話ですが、まだ携帯電話がそれほど普及していない時代の話で、

スウェーデンのエリクソンという会社と東芝で、携帯会社の合弁事業を行うという話が持ち上がり、

その準備のお手伝いをしたことがあります。

芝浦の東芝本社と、新横浜の新規会社を何度か訪問し、当時の東芝副社長などと何度かミーティングを行いました。

結局、最終的にはソニーエリクソンとして立ち上げることになってしまったのですが、その時の話し合いの印象が非常によく、それ以来なんとなく東芝には親しみを感じていました。

それだけに、東芝という会社が空中分解のようになってしまうのは、避けてほしいですね。

Canonが支援するという話も出ているようですが、それで何とかなるのであれば良いお話のような気もします。

シャープのにのまえになってしまうので、鴻海の傘下入りだけは避けてほしいですね。

可能性は0ではない

米国でトランプ氏の大統領就任を阻止しようとする動きが、広がっているようです。

12月19日の選挙人投票で、クリントン氏への投票を選挙人に要求する署名運動や、接戦だった州で票の数え直しなどを求める動きなど、まだ阻止できる可能性は0ではないということのようです。

万が一、クリントン氏が大統領に就任することになったら、株価や為替はどうなるんでしょうか?

今の上昇トレンドを継続するのか、それとも反転してしまうのか、はたまたそのころには上昇トレンドは終了しているのか?

いずれにしても今年は英国のEU離脱やトランプ氏の勝利など、予想外の事が起こってしまう年です。

二度あることは三度ある?今年の最後に大どんでん返しとなるのか?

 

小学生の憧れはユーチューバー?

大阪にあいる小学校で、なりたい職業についてアンケートを取ったところ、

ユーチューバーが第3位になったとか。

ネット上のコメントでは「小学生だから仕方ないか」「所詮は浮草家業だよね」「一生食べていけると思っているんだろうか」

のような、批判的なものが多かったようです。

先日、ラジオでとある有名なユーチューバーがインタビューされていたのですが、

実にしっかりしている。

まず、動画を作るにあたって、

・いろいろな動画を見て行って、どのような内容や構成が受けているのか分析する

・検索キーワードの上位ヒットを探る

・オリジナリティも十分に発揮できるような内容にする

実際の制作には短いものでも撮影に1時間、長いものだと10時間以上かけるとか。

それを見やすいサイズ、15分程度に編集して、効果音を付けたり字幕を入れたり、効果画像を入れたりと、

編集作業に10時間以上かかることもあるとか。

なんとなくテレビ局のプロデューサー、ディレクター、スタッフなどの仕事を一人でこなしているような感じですね。

さすがに年収1億円を超えるユーチューバーは違います。

世間的には職業としてきちんと認知されていないような感じもありますが、

そう簡単に慣れるような職ではなさそうです。

一方、高校生の就きたい職業は、

公務員、銀行員、教師、医療関係などが上位を占めています。

堅実なのは良いのですが、大きく社会が変わろうとしている時代に、

大丈夫なのだろうか?などと考えてしまうのは私だけ?

simフリー

simフリー(格安simサービス)の満足度の記事が載っていました。

結果は80%とこれはかなり高いのではないのでしょうか。

simフリーに変えた理由として一番高いのは、やはりというべきか「安いから」ということで、80%を占めています。

私もsimフリースマホに変えてから既に1年半ぐらいたちましたが、なんの不満もないですね。

3Gまでの音声付きで、月1600円のプランなのですが、月に300MBぐらいしか使っていないです。

家では無線lanだし、外へ出てもwi-fiでつなぐことが多いので、あまり使わないのかもしれません。

電話も家族や友達との連絡はLineを使う(音声電話も含めて)ことが多いので、通話料も非常に少ないです。

電話回線を使って、最後に自分からかけたのはいつだったのか?

使い勝手も変わらないし、困ったことはないですね。

と思うと、大手3社との契約がいかに高いか!

 

デフレの足音(美容室編)

最近、1000円理容室だけでなく、1500円美容室も増えてきたように思います。

普通の美容室でも、通常料金はカットで4000円程度を掲示していても、割引チケットをたくさん配布したり、

ホットペッパービューティーの利用者が増えていて、実際に美容室に入るお金は1000円台になってしまうことも多いとか。

それにしてもホットペッパービューティーの中間マージン率が50%近いという話には驚きです(実際はケースバイケースのようです)。

どうしても客単価で経営を成り立たせようとすると、数をこなすしかなく、本当は30分でカットするところを15分で切り上げる、

なんてことも起こっているようですね。するとカットスキルも低下して、顧客満足度も落ちる、仕方なくまた値引き率を上げるという

悪循環に陥ってしまっているようですね。

美容師の労働環境も悪化していて、サービス残業を50時間以上しても15万稼ぐのがやっとだとか。

もちろん、非常に人気があり、カット料金だけで1万円以上の美容室もちろんあるのですが、こちらも二極化が進んでいるのでしょうか。

ひと昔前まで、原宿あたりで開業してカリスマ美容師と言われた人もたくさんいたように思うのですが、減ってしまっているのは確かなようです。

デフレの足音が少しずつまた大きくなっている、ということなのでしょうか。

 

Windows10

皆さんのPCもWindows 10へのアップデート促進攻撃?にあっていると思います。

自分のメインPCは、windows updateを手動にして8.1のままにしているのですが、

試しにノートPCの方を10にしてみました。

どうなんでしょう?なんとなく使いづらい気がするのは慣れていないから?

どうもごちゃごちゃ感が好きになれないし、気のせいか若干速度も落ちたような気もします。あくまで好みの問題だとは思います。

ただ、メインPCにはマイナーなソフトがいくつかあって、一部の機能が対応できていないようなので、当分アップデートできそうもありません。

先ほどメインPCに手動にしているにも関わらず、アップデートするぞという警告文が出ましたが・・・・。

 

ロボットタクシー

知らなかったのですが、日本でももうロボットタクシーの実験がされているんですね。

しかも平成20年には実用化?の動きだそうです。

ロボットタクシーが実現化されると、ますます車の所有者は減りそうです。

まあ、価格設定にもよりますが、なんとなく気兼ねなく使えるような気がします。

「○○年後になくなる職業」なんてものが一時期はやりましたが、一つ一つ実現されているような感じです。

果たしてトレーダーは生き残れるのでしょうか?

 

東芝

今日も東芝にあまりよくないニュースが入ってきました。

「大幅赤字や大幅リストラだけで済む問題ではなく、経営危機まで発展する可能性がある」

というような状況のようですね。

この数年、日本の代表的な電気メーカーがいくつも危機を迎えています。

パナソニックやソニーはなんとか良い方向に向かってきたようにも思いますが、

シャープはまだまだ先が見えない状況のようですね。

そして東芝。

PCのダイナブックシリーズや家電ではなじみの深いメーカーです。

こなまま倒れてしまうようなことが、もしあったとしたら、寂しいですね。

ただ原子力関係は????

ビジネスモデルの変換期なのでしょうか。