日本はキャッシュレス化が進まない

北欧や中国などでもキャッシュレス化がかなり進んでいるようですが、日本ではなかなか進みませんね。

理由はいくつか上げられていますが、大きな理由は日銀にやる気がない?

つまり、キャッシュレス化が進んでしまうと銀行のATM手数料が稼げなくなってしまう!?

日本の銀行の利益の実に13%がATM手数料によるものらしく、これがなくなってしまうと銀行の基盤が揺らぐ、

という事らしいです。

逆行するようにメガバンクはATM手数料を上げる、口座管理料を取るなど提案していますよね。

日本の銀行のあり方ってどうなんでしょうか。

銀行職員をAIによってリストラを進めるという話が出たとたん、就職先の人気企業から一転して、

就職したくない企業に仲間入りしてしまったようですし。

 

こんな理由でどんどん後れを取ってしまう、

非常に残念な気がします。

 

口座維持手数料

3大メガバンクが口座維持手数料を検討しているという記事が少し前にありました。

以前にシティバンクで月に1,000円程度取っていたのですが、今もSMBC信託銀行は口座維持手数料を月2000円取っています。口座残高などによって免除される仕組みはあるのですが、果たして日本の慣習に馴染むのでしょうか?

発端は、休眠口座の管理の問題のようです。数百円程度の残高で全く取引されていないような口座維持は銀行にとっては問題のようで、マイナス金利で収益率が減っているうえに、住宅ローンや企業の借り入れも低迷、となればこういった部分にも手をつけざるを得ないようです。

特に地銀にとって問題は大きいようですね。まずは新規の紙通帳口座は有料に、というあたりから始まっていくようですが、逆に銀行選びがシビアになっていく可能性も否定できないようにも思います。

引き出しや入金、振り込みの手数料も調べてみるとけっこうまちまちで、有料になる時間帯も少しずつ違います。無料になる条件も各銀行によっていろいろですね。

ここに口座維持手数料が加わるとどうなっていくのか。

個人的にも、ただお金を移動したり預けていたりするだけで、たくさん手数料を取られるのは納得できませんね。

ひょっとしたら電子マネーやLine Payなどの普及のきっかけになるかもしれません。

 

時代は変わっていく

最近の居酒屋は、タブレットのタッチパネル式で注文するお店が増えてきました。

自分としては、注文したいときに大声を出して店員さんを呼ぶ手間が省け、忙しそうな店員さんを呼び止める遠慮もなくなりいいシステムだなと思っていたのですが、そうは感じていない人もいるようですね。

https://www.news-postseven.com/archives/20171230_639516.html

若い世代の方にはたたかれてしまっているようですが。

おそらく、人手不足を解消、生産性の向上という観点からこういったシステムの導入はますます増えると思います。

ましてAIの導入などが進めば、一気にいろいろなことが大きく変わっていくのだと思います。

新しいものを毛嫌いしないで、受け入れていく姿勢を持たなければ時代に取り残されてしまう・・・。

私も気を付けなければ。

 

年末ジャンボよりビットコイン

私の周りでは、年末ジャンボよりビットコインが人気のようです。

確かに「10万円が1億円になった」なんて話を聞くと、確率から考えればよほどビットコインの方が魅力的なのかもしれません。

「下がってきた今が買い時」「ビットコインじゃなくて他の通貨の方が可能性は高い」という理由で、年末ジャンボや有馬記念用にストックしておいた資金を仮想通貨投資に回した知り合いもいます。

「ビットコインの現在の価格は正当とは言えない。将来的に価値がゼロになる可能性もある。」by モルガン・スタンレー

せっかく大きな夢を語り合って盛り上がっているときに、こういう水を差すような話はするべきではないのでしょうか。

仮想通貨、キャッシュレス

米国のFRBが将来的には仮想通貨の発行も視野に入れている。という記事がありました。

ビットコインは投機的な面が強く危険だと認識が根底にあるようです。

スウェーデンでは「最近、通貨で買い物をする人は外国人ぐらいだ」という記事もありました。

どうやらキャッシュレスという面では、日本はかなり遅れているようです。

間違いなく世界は現物通貨を使用しない方向に動いているようで、為替トレーダーにとっては死活問題?

というわけでもないのかもしれませんが、どういう変化が訪れるのか。怖くもあり、楽しみでもありといった感じです。

ところで、わたしはほとんどクレジットカードや電子マネーを使いません。ホリエモンに言わせれば「時代遅れな人」なんだと思います。でもどうもカード払いに慣れないというか、キャッシュの方が買い物をした満足感が得られるというか、単なる好みの問題なのかもしれませんが・・・。

切符を買って電車に乗る人がほとんどいなくなったように、あと何年かすれば私もカードや電子マネーしか使わなくなっているのかもしれません。

 

 

スマートスピーカーの可能性

Amazonで日本でも大々的にスマートスピーカー(echo)を売り出し始めたこともあり、日本でもようやくスマートスピーカーの存在が認知されつつあります。

表向きの性能だけを見てしまうと、「オーディオ操作が口頭でできるようになっただけでしょう?」ととらえられてしまうのですが、キーボードやディスプレイに依存しない入出力デバイスという見方をすると、その存在価値はこれからどんどん高まっていくように思います。

どんどん改良が加えられて進化する。

おそらく、一人暮らしの方は特に重宝するのではないでしょうか。

家に帰ってくるとechoが照明をつけて、エアコンのスイッチを入れ、

「おかえりなさいませ、お風呂になさいますか、お食事になさいますか」

問いかけます。

お風呂は問題なく、食事も電子レンジの設定程度まではやってくれそうです。

食事中は、いつも見ているTVにチャンネルを合わせる、あるいは精神状態を察してくれて、

静かな音楽を流す、これくらいもやってくれそうです。

「明日のクライアントへのプレゼン資料が、自宅PCに残ったままになっています。クラウドに転送しておいた方がよろしいですか」

「頼む、ついでにPPの資料だけ添付して、課長にメールしておいてくれ」

「かしこまりました」

 

「脳波レベルが落ちています。そろそろお休みになった方がよろしいのでは?」

「わかった、明日はいつも通り7時半に起こしてくれ」

「明日は雪の予報が出ています。電車が遅延する可能性がありますので、30分ぐらい早めに出勤された方がよろしいのでは」

ここまで行くと優秀な秘書以上化もしれませんね。

 

ノーベル経済学賞に米セイラー氏

ノーベル経済学賞を、米シカゴ大のリチャード・セイラー教授が受賞するようです。

教授の著者である「行動経済学」はかなり前に読んだのですが、とても面白かったです。

何の準備もなく投資を始めると、なぜ一般の人は失敗するのかが、心理学の側面から描かれていて、

非常にわかりやすく、誰でも理解できるように思います。

「なぜシステムトレードが必要なのか」

この本には明確な理由も書かれているように思います。

 

節水は呼びかけても、節電は?

首都圏では7月上旬のうだる様な暑さが、この数日幾分和らいでいます。

荒川水域のダムの貯水量が危機的状況で、取水制限が20%になったようですね。

この数日の極致的な豪雨で、少しは改善されたのでしょうか。

暑い夏につきものなのは、数年前までは節水と節電だったように思うのですが、

このところ節電の呼びかけはあまりないように思います。

一時期、原発が止まっている影響で、火力発電がフル稼働状態で、老朽化した施設のため危険な状況が続いている。

という話を聞いたように思うのですが、今は大丈夫なのでしょうか。

それとも、LEDの普及や省電力機器の普及の影響で、全体の消費電力が抑えられているのか。

はたまた私が世間の情報に疎いだけなのか??

Bリーグ

本日、バスケットのBリーグ 東京アルバルクの試合を見に行ってきました。

選手が大きいせいか、すごく近くに感じて迫力のある試合でした。

バスケットは展開が早く、攻めと守りが細かく変わるので、

戦術的にはデイトレーダー、スキャルパー向きかな。

東京アルバルクの3ポイントの成功率は55%程度、オフェンスリバウンドの獲得率は58%程度、ゴール下に切り込んでのシュート成功率は80%程度。

だとしたら切り込むより3ポイントを多投したほうが有利か。

しかし、3ポイントは決まりだせば連続で決まるが、外れだすと全く入らなくなる、流れに大きく左右される、

そのあたりはトレードと一緒か。

などと考え込みながら見ていたのは私だけでしょうね。

東芝

東芝がいよいよマズイ感じです。

 

もう20年以上前の話ですが、まだ携帯電話がそれほど普及していない時代の話で、

スウェーデンのエリクソンという会社と東芝で、携帯会社の合弁事業を行うという話が持ち上がり、

その準備のお手伝いをしたことがあります。

芝浦の東芝本社と、新横浜の新規会社を何度か訪問し、当時の東芝副社長などと何度かミーティングを行いました。

結局、最終的にはソニーエリクソンとして立ち上げることになってしまったのですが、その時の話し合いの印象が非常によく、それ以来なんとなく東芝には親しみを感じていました。

それだけに、東芝という会社が空中分解のようになってしまうのは、避けてほしいですね。

Canonが支援するという話も出ているようですが、それで何とかなるのであれば良いお話のような気もします。

シャープのにのまえになってしまうので、鴻海の傘下入りだけは避けてほしいですね。