ちょっとびっくりですが・・、ありがとうございました。

久しぶりに投資日記ステーションを開いてみて、

なんと今日で終わりなんですね。

記事を書いている側の人間が知らなくてお恥ずかしいですが・・・。

あと、一時間弱で終わりですね。

このサイトが始まりました当初からかかわらせて頂きまして、

本当にエンジュクのスタッフの方、並びに読者の方に感謝しております。

現在の私はと言いますと、AIを使ったシステムトレードのきちんとした体系化に力を注いでおりまして、

AIやデータサイエンス(主にpythonを使ったもの)で検証中です。

来年初めあたりには、サイトを立ち上げられるかなとも考えております。

その時は皆さんまたよろしくお願いいたします。

 

 

「老後2000万円必要」の効果

金融庁発表、「老後2000万円必要」の効果が出ている? ようです。

証券会社に相談に来る方が増えているとか。

私も知り合いから、FXとバイナリーオプションの仕組みについて説明を求められたのですが、

どうやら私の説明が悪かったらしく、

「よくわからないので、証券会社の方が勧める株を買いました」

という結末でした。

投資に関心を持つ方が増えるのは良いことだと思うのですが、

自動運転の車を選ぶ方が増えるのか、

仮免許も取らないで路上に出てしまう方が増えるのか?

 

AIだから大丈夫?

先日、重要なメールが届かない、という事があり、念のためメールボックスの迷惑メールの中を調べてみると、ありました。幸いすぐに気が付いたので良かったのですが、もし気が付かなければそのままになってしまう所でした。

迷惑メールの中身など、皆さんもそれほど点検することなどないのではないでしょうか。私もめったに開かないのですが、今回中身をよくよく調べてみると、「なんでこれが迷惑メール?」「この情報は欲しかった」などというメールも出てきました。

そもそも迷惑メールへの仕分けはどのように行われているのか?私が使っているメール(フリーメールではなく有料メールです)では、「AI機能が充実した迷惑メール撃退機能」とだけ書いてあり、よくよく確かめてみると詳しく設定できる機能のは全くありませんでした。以前はあったような気もしたのですが、最近バージョンアップしてなくなってしまったようです。

AI機能によりなどと書いてあると、なんとなく優秀で問題ないなどと感じてしまいがちですが、実際はどうなのか。AIと言ってもどんなアルゴリズムを使っていて、どんな基準でメール仕分けをしているのか全く分かりません。

AI機能による・・・、などと書かれるとなんとなく信じてしまう人が多いかと思います(私も含め)。これは意外な盲点なのかもしれません。

原油の下落が止まらない

原油先物価格がなかなか下げ止まらない状況です。

次のターゲット、40ドルへ向かっているようで、このラインを割りこんでしまうと30ドル付近までの下落も現実味を帯びてきそうです。

ゴールドの先物価格が上昇しているのも不気味ですね。リスクオフムード全開といった感じになってしまっています。

新年になればある程度のリバウンドは期待できそうですが、この所の動きはことごとくリバウンドの芽を摘まれているような動きなので、少し心配です。

ガソリン価格もボラティリティが高いですね。レギラー130円程度のところもあれば、まだ145円ぐらいで売っているところもあるので、看板をよく見て入れに行かないと、後で後悔しそうです。

ガソリンが安くなるのは嬉しいけど、原油価格の下げが止まらないのも心配ですね。

ガソリン価格と物価上昇

いよいよガソリン価格がレギュラーで160円目前となってきました。

160円を超えて3か月経過すると、トリガー条項の発令、つまり暫定税率分を課税ストップするということはあるのだろうか?東日本震災後、財源確保のため凍結したままになっているようですが。

今年の夏の異常気象や各地の災害のせいで、野菜の高騰はまだ続いています。物価も少しずつ上昇しているような?

中近東もなんとなくきな臭い状況になっています。原油価格の上昇再開という可能性もありそうです。

日銀のインフレ誘導のとおりには、結果的にはなっているのですが、賃金が上がらなければ国民の生活は苦しくなるばかりですよね。

 

OPEC増産見送り

OPECやロシアが増産を見送った事で、英国産北海ブレントは前営業日比2%超上昇し、一時1バレル=80ドルを突破したようですね。

ガソリンの小売価格もこのところ、レギュラーでリッター150円を超えるところがまた増えてきたように思います。

一時期、リッター120円ぐらいまで下がった時期もあったようにも思うのですが、こうなるとハイブリット車にしておけば・・、という感じですね。

数年前まで、1バレル100ドルを超えていた時期もあったのですが、その時ガソリンは今以上に高かったのか?

160円を超えていたことって、あまり記憶にないのですが?

いま一つ、原油価格、ガソリン価格、為替レートの関係が理解できていないのですが、ガソリンは灯油がたくさん作られる冬場の方が安くなると、何かの本に書いてあったような?

これから原油価格や為替レートが変わらなくても、少しは下がるのでしょうか?

そうあって欲しいですね。

 

日本はキャッシュレス化が進まない

北欧や中国などでもキャッシュレス化がかなり進んでいるようですが、日本ではなかなか進みませんね。

理由はいくつか上げられていますが、大きな理由は日銀にやる気がない?

つまり、キャッシュレス化が進んでしまうと銀行のATM手数料が稼げなくなってしまう!?

日本の銀行の利益の実に13%がATM手数料によるものらしく、これがなくなってしまうと銀行の基盤が揺らぐ、

という事らしいです。

逆行するようにメガバンクはATM手数料を上げる、口座管理料を取るなど提案していますよね。

日本の銀行のあり方ってどうなんでしょうか。

銀行職員をAIによってリストラを進めるという話が出たとたん、就職先の人気企業から一転して、

就職したくない企業に仲間入りしてしまったようですし。

 

こんな理由でどんどん後れを取ってしまう、

非常に残念な気がします。

 

口座維持手数料

3大メガバンクが口座維持手数料を検討しているという記事が少し前にありました。

以前にシティバンクで月に1,000円程度取っていたのですが、今もSMBC信託銀行は口座維持手数料を月2000円取っています。口座残高などによって免除される仕組みはあるのですが、果たして日本の慣習に馴染むのでしょうか?

発端は、休眠口座の管理の問題のようです。数百円程度の残高で全く取引されていないような口座維持は銀行にとっては問題のようで、マイナス金利で収益率が減っているうえに、住宅ローンや企業の借り入れも低迷、となればこういった部分にも手をつけざるを得ないようです。

特に地銀にとって問題は大きいようですね。まずは新規の紙通帳口座は有料に、というあたりから始まっていくようですが、逆に銀行選びがシビアになっていく可能性も否定できないようにも思います。

引き出しや入金、振り込みの手数料も調べてみるとけっこうまちまちで、有料になる時間帯も少しずつ違います。無料になる条件も各銀行によっていろいろですね。

ここに口座維持手数料が加わるとどうなっていくのか。

個人的にも、ただお金を移動したり預けていたりするだけで、たくさん手数料を取られるのは納得できませんね。

ひょっとしたら電子マネーやLine Payなどの普及のきっかけになるかもしれません。

 

時代は変わっていく

最近の居酒屋は、タブレットのタッチパネル式で注文するお店が増えてきました。

自分としては、注文したいときに大声を出して店員さんを呼ぶ手間が省け、忙しそうな店員さんを呼び止める遠慮もなくなりいいシステムだなと思っていたのですが、そうは感じていない人もいるようですね。

https://www.news-postseven.com/archives/20171230_639516.html

若い世代の方にはたたかれてしまっているようですが。

おそらく、人手不足を解消、生産性の向上という観点からこういったシステムの導入はますます増えると思います。

ましてAIの導入などが進めば、一気にいろいろなことが大きく変わっていくのだと思います。

新しいものを毛嫌いしないで、受け入れていく姿勢を持たなければ時代に取り残されてしまう・・・。

私も気を付けなければ。

 

年末ジャンボよりビットコイン

私の周りでは、年末ジャンボよりビットコインが人気のようです。

確かに「10万円が1億円になった」なんて話を聞くと、確率から考えればよほどビットコインの方が魅力的なのかもしれません。

「下がってきた今が買い時」「ビットコインじゃなくて他の通貨の方が可能性は高い」という理由で、年末ジャンボや有馬記念用にストックしておいた資金を仮想通貨投資に回した知り合いもいます。

「ビットコインの現在の価格は正当とは言えない。将来的に価値がゼロになる可能性もある。」by モルガン・スタンレー

せっかく大きな夢を語り合って盛り上がっているときに、こういう水を差すような話はするべきではないのでしょうか。