50%から60%への試み

バイナリーオプションの取引を行う場合、基本的にはラダー方式であれば円高か円安(ドル高かドル安)しかないので、確率的には50%ということになります。(もちろん売買価格等は考慮していません)

1日一度トレードのペースで一か月続けた場合、50%の勝率であれば10勝10敗(簡略化しています)、それを60%まで上げることができれば12勝8敗で4つの勝ち越しということとなります。

一回当たりの利益が500円、損失が500円であれば、一月1枚当たり2000円の利益ということになります。

「微々たるものだ」という印象を受けますが、トレード枚数を1枚から100枚に変更すれば一月で20万円。

初期投資も60%の勝率を前提とすれば、だいたい20万円程度で済むのではないかと思います。

20万円が一月すれば40万円になって返ってくる。これは非常においしいトレードですが、皮算用はこのぐらいにして、

そもそも60%の勝率というのは可能なのか?

コイン投げなどであれば、ある程度のばらつきはあるのものの、回数を重ねるうちに限りなく50%に近づいてしまいます。

ところがバイナリーオプションの場合、意外に「偏り」が多く、例えばある通貨ペアのある時間帯のヒットの確率が一か月81%となどということも、意外に頻繁に起こっています。あとは発見してどうトレードに結び付けるか。

システムトレードの場合、この「偏り」の発見ということがまずは重要なファクターだと思います。

もうトレーダー入らない?

世界最強の投資銀行、ゴールドマンサックス

ニューヨーク本社の米国株の取引部門には、600人のトレーダーが在籍していたが、現在、この部門にはたった2人しか残っていない。

600人の人間がわずか2人になったのである。

理由は、株式売買の自動化プログラムが、他のトレーダーの職を奪ったからである。

——以上、とある方のブログから引用——

ちょっとショッキングな感じですね。

もうトレーダーはいらない?

でも、有効なプログラムを作るトレーダーは必要ですよね。

一人で300人分の働きができるプログラムを作る。

そう考えればいいのでしょうか。

未来が怖い!

トランプ大統領誕生後

昨夜、トランプ大統領の就任式が行われ、為替はドル売りに動きました。

この動きが、とりあえずのリスク回避なのか、それともトランプ相場の終わりが近づいている証なのか。

来週の動きが注目されます。

システムトレードには関係ない、といいたいところですが、突発的な発言で大きく動いてしまう相場は、私が運用している今のシステムには、影響大です。

裁量トレードとは反対にあまり動かない相場のほうが成績はいいです。

もっとも、動いたときに稼げるシステムをメインに運用すればよい話なのですが・・・。

自分の課題は、今年もポートフォリオのメンバー構成になりそうです。

ロト、外為オプション、確率

わかりやすく1万円を得るための方法を、宝くじと外為オプションで考えた時、

比較的高確率のミニロト

3等の5個のうち4個が本数字と一致で1万円、確率的には約1/1359です。

購入金額は200円。

一方、外為オプションは開始時の金額で考えた場合、1枚当たり530円程度の購入金額で、

リターンは470円、確率は1/2。

1万円程度のリターンを得るためには21枚程度購入する必要があります。購入金額は530×21=11,130円

11,130円あればミニロトは55枚程度購入できますから、確率は55/1359=1/24程度まで上がります。

購入方法さえ知っていれば、どちらも予備知識が全くなくチャレンジできます。

果たして、どちらがより楽しめるのか?

 

 

ナポレオントランプ

ナポレオントランプと言っても、米国大統領候補とは関係なく、「幸運を呼ぶトランプ」のことでもありません。

トランプのゲーム方式の一つとして、「ナポレオン」というものがあるのですが、ご存知でしょうか?

最近、ひそかにブームになっているようで、ネットのゲームでも見かけました。

高校の時大好きで、友達とよく休み時間にやっていたのですが、大学、社会人になってからも機会があるごとに

「ナポレオンをやろう」と言ってみたものの、誰も知らず悲しい思いを何度もしました。

ゲームは心理戦的な要素も強く、カウンティング(捨てたカードから何をまだ持っているか割り出して、次を予測する方法)も使えて、非常に面白いです。

そういえば、麻雀などもよくやったのですが、カウンティング的な考え方は面白くて研究した覚えがあります。

今でもシステムトレードに役立っている?

 

7月はスプレッド拡大

7月はスプレッドが拡大して、思わぬレートで約定してしまったことが、久しぶりに多かったように思います。

例えば105円で売りオーダーを逆指値で出していて、通常であれば104.97円あたりまでには約定することが多いのに、104.9円あたりで約定してしまう、というようなことです。

英国のEU離脱問題の頃は仕方がないところだったのですが、最近でも何回かありました。

市場の取引が少なくなっている?

自分のオーダーを出す時間帯が悪い?

オーダーレートに問題がある?

それとも単なる偶然?

来月も続くようであれば、対策を考えないと。

 

ブレイクアウトシステム好調

このところブレイクアウトシステムが好調です。

当たり前なのですが、安値をブレイクするときにリバウンドせずに一気にブレイクすることが多いこと、

ブレイク後の伸びが大きいことが勝因のようです。

今週はどうでしょうか?

GBPはまだ安値を試す展開が続きそうですが、ドル円はそろそろ100円を割ったあたりから介入警戒感が出てきそうです。

もし介入があった場合、ストップを飛び越してポジションが残ってしまう場合もあるので注意が必要ですね。

 

ブレイクアウトシステムの憂鬱

3月から4月の前半にかけてブレイクアウトシステムが絶好調でした。

4月の後半はブレイクアウトシステムの比率を上げたのですが、それがまんまと裏目になってしまい、4月の収支としてはトントンとなってしまいました。

このところ前日の最安値、あるいは最高値に到達したとき、1度は引き戻されてしまうことが多く(いわゆるダマシ)、残念な結果となってしまいました。

単純なIFO注文では解決できないので、2度目のブレイクアウトシステムEAを作る必要がありそうです。

5月は逆にブレイクアウトが再び機能しそうな雰囲気もありますが、どうなることか?

時間的アノマリーの変化

日銀のマイナス金利導入の影響で、円安にトレンドが変わる?

かどうかは分かりませんが、超短期システムトレードの場合、一度大きく動いて価格帯が一気に変わってしまうと、

時間的アノマリーのパターンが大きく変わってしまうことがあります。

昨年の12月と今年の1月では異なったパターンを示すものが多く、このところようやく落ち着いてきたのですが、

再び変わってしまいそうな予兆があります。

超短期システムトレードの場合、円高トレンドなのか、円安トレンドなのか、それともフラットに近いのかは、それほど大きな問題にならない事が多いですが、

大きく価格帯が変わってしまうと影響されることが多いです。

う~ん、今年は波乱万丈か?!

 

SSD

14日の夜のことなのですが、メインで使っているPCのHDが壊れてしまいました。

データはNASにバックアップしてあったので、サブのノートPCで何とか作業はできるのですが、

プログラムのpathを書き換えたり、狭い画面での作業なので何かと時間がかかります。

この機会に前から考えていたSSDとWindows8.1を購入してみました。

夜遅くの注文だったにも関わらず、15日の夜には届いて助かりました。

やあ、やはりSSDは早いですね。立ち上がりは今までの4分の1ぐらいの時間しかからないんじゃないでしょうか。

他の作業も早くなって気がします。もっと早く変えておけばよかった。

次はいつWindows10にバージョンアップするかののですが、

いろいろ考えてしまいますね。あのごちゃごちゃ感が好きになれなくて・・・。