トルコリラ その後

8月の9日、10日あたりで急落したトルコリラ円が、どうにか急落する以前の水準の21円付近まで戻ってきました。

急落の主原因が、政治的な問題であったため、回復するのも早かったのかもしれません。

21円を超えてくると、上昇トレンドが強くなり、24円ぐらいまでは期待できるかもしれません。

ただ・・・、トルコの経済は決して好調というわけではなく、資産逃避を避けるため、無理やり高金利を維持している状況です。

また、NYダウを始めとした世界経済も少しずつ暗雲がたち込めている感じです。

22円あたりで折り返してしまう可能性も、考慮しておく必要はありそうです。