ExcelでAIっぽく

Excelに新しいデータ型「地理(Geography)」「株価(Stocks)」が追加されるそうです。

まずはOffice 365ユーザーに提供という事のようですね。

Microsoft Knowledge Graphから関連データを取得、この情報はオンラインで変更された場合、Excel内でも更新可能。

つまり証券コードを入力してデータ型を株価(Stocks)にしておけば、株価を自動更新してくれる、という事のようです。

AIプログラムみたいで使い勝手が良さそうですが、使ってみないと感触がわかりませんね。

ディープラーニングは敷居が高い?

AIを使ってシステムトレードを行う仕組みは理解できた、それでその次は・・・。

デープラーニング、ニューラルネットワーク、ロジステック回帰・・・、どんどん難しくなっていきます。

こうなるとプログラミングの知識に加え、数学的知識も必要となり敷居がかなり高い感じです。

「やっぱり、AIを使ってシステムトレードなんて無理だよね」で終わってしまいそうですが、

必ずしもプログラミングの知識や数学的知識に精通していないとAIシステムトレードができないわけでもない?

pythonのライブラリ、RPAのツールなどを使って、概要だけ押さえておけばAIシステムトレード環境を作ることは何とかできます。

中身がわからなくてもブロックを組み立てるように構築していくことは可能です。

どうしても、難しい言葉ばかり出てきてあきらめてしまいがちですが、形だけ整えてしまえばあとはAIが何とかしてくれる?

こういった表現が正しいのかどうかわかりませんが、AIを使える環境は本当にものすごい勢いで日々進歩しています。

もっと簡単にAIシステムトレードができる環境が整うのも、時間の問題かもしれません。

 

API

Pythonでシステムトレードを行う場合、APIが使えるFX取引会社が必須となるのですが、最近急激にそういった環境が整ってきているように思います。

OANDAというカナダのFX取引会社があるのですが、こちらのAPIは使いやすいですね。(もちろん日本語版です)

通貨ペアもかなり豊富ですし、データも取りやすい、スマホのアプリなども充実しています。

MT4も使える環境が整っているところをみると、もともとユーザーが自由にシステムトレードを行えるような環境を提供することを目的としていたようです。

どんどんこういった会社が増えてきて、システムトレードが手軽にできる環境が整うとと嬉しいですね。

 

日本はキャッシュレス化が進まない

北欧や中国などでもキャッシュレス化がかなり進んでいるようですが、日本ではなかなか進みませんね。

理由はいくつか上げられていますが、大きな理由は日銀にやる気がない?

つまり、キャッシュレス化が進んでしまうと銀行のATM手数料が稼げなくなってしまう!?

日本の銀行の利益の実に13%がATM手数料によるものらしく、これがなくなってしまうと銀行の基盤が揺らぐ、

という事らしいです。

逆行するようにメガバンクはATM手数料を上げる、口座管理料を取るなど提案していますよね。

日本の銀行のあり方ってどうなんでしょうか。

銀行職員をAIによってリストラを進めるという話が出たとたん、就職先の人気企業から一転して、

就職したくない企業に仲間入りしてしまったようですし。

 

こんな理由でどんどん後れを取ってしまう、

非常に残念な気がします。