RPA レベル3

RPA(Robotics Process Automation)のレベル3(Cognitive Automation)は、「大量のデータをもとに自己学習を行い、最良の判断をするAIシステム」ということらしいです。

まさに、システムトレードの最終兵器といった感じですが、既に市販されているいくつかのツールでもかなりのところまではできてしまうようですね。

卓越したアイデアやプログラミング能力などなくとも、適切なRPAツールを選択してきちんとしたシラバスさえ描ければ、優秀なトレードシステムができてしまう。もうそんな時代になりつつあるのかもしれません。

時代に乗り遅れないためにも、きちんと学習しなければ。

口座維持手数料

3大メガバンクが口座維持手数料を検討しているという記事が少し前にありました。

以前にシティバンクで月に1,000円程度取っていたのですが、今もSMBC信託銀行は口座維持手数料を月2000円取っています。口座残高などによって免除される仕組みはあるのですが、果たして日本の慣習に馴染むのでしょうか?

発端は、休眠口座の管理の問題のようです。数百円程度の残高で全く取引されていないような口座維持は銀行にとっては問題のようで、マイナス金利で収益率が減っているうえに、住宅ローンや企業の借り入れも低迷、となればこういった部分にも手をつけざるを得ないようです。

特に地銀にとって問題は大きいようですね。まずは新規の紙通帳口座は有料に、というあたりから始まっていくようですが、逆に銀行選びがシビアになっていく可能性も否定できないようにも思います。

引き出しや入金、振り込みの手数料も調べてみるとけっこうまちまちで、有料になる時間帯も少しずつ違います。無料になる条件も各銀行によっていろいろですね。

ここに口座維持手数料が加わるとどうなっていくのか。

個人的にも、ただお金を移動したり預けていたりするだけで、たくさん手数料を取られるのは納得できませんね。

ひょっとしたら電子マネーやLine Payなどの普及のきっかけになるかもしれません。

 

円高の足音

黒田総裁の発言、米国財務長官などのドル安容認発言などを機にドル安が進んでいます。

昨年のドル円は、全般的には108円から116円あたりまでのレンジ相場で、こういった状況がしばらく続くと、その後どちらかへ大きく動く、という事はしばしばあります。まして今回は日米の要人が後押しするような形になってしまっています。

テクニカル的にも108円付近のサポートを破られると、100円付近まで壁がない感じです。

時期的にもこれから3月までは円高傾向が強い時期ですね。

なんだか円高要因ばかり出てきてしまいますが、今週末に発表される米国雇用統計の結果が思いのほか悪い場合には・・・要注意です。

仮想通貨の問題

コインチェックの不正流失事件が問題になっています。

実は私の周りにも仮想通貨トレードにハマっている人が何人かいて、昨年末あたりまではニコニコだったのに、最近浮かない顔になってしまっている人が増えています。

正直なところ、自分では取引していないので、細かいところまでは把握していないのですが、数年前のスイスフランショックで海外のFX取引会社が何社か倒産してしまった時と状況が似ているようにも思います。

あの時は数か月して落ち着いてから、一応返金されたのですが、今回はどうなるのか?

 

いろいろ質問されても答えられないのも少し悔しいので、

「あくまで勉強のために、少しだけ始めてみようか」と考えていた矢先に、こんなことになってしまい、

また最初の一歩が踏み出せなくなってしまいました。