暴落ではなくじり安

ドル円、ユーロ円、ポンド円ともに、暴落ではなくじり安といった展開が続いています。

動きが少ない相場は裁量トレーダー泣かせといった所なのですが、このところの動きはシステムトレードでもあまりよくありません。

相場に迷いがあると、動きに一定の法則が生まれずらく、方向性や継続性が見られなくなります。

例年は年度末に大きく動くことも多かったのですが、今年はそうはいかないようです。

ドル円が110円を割ってくると、何かが変わりそうな気もするのですが・・・。