50%から60%への試み

バイナリーオプションの取引を行う場合、基本的にはラダー方式であれば円高か円安(ドル高かドル安)しかないので、確率的には50%ということになります。(もちろん売買価格等は考慮していません)

1日一度トレードのペースで一か月続けた場合、50%の勝率であれば10勝10敗(簡略化しています)、それを60%まで上げることができれば12勝8敗で4つの勝ち越しということとなります。

一回当たりの利益が500円、損失が500円であれば、一月1枚当たり2000円の利益ということになります。

「微々たるものだ」という印象を受けますが、トレード枚数を1枚から100枚に変更すれば一月で20万円。

初期投資も60%の勝率を前提とすれば、だいたい20万円程度で済むのではないかと思います。

20万円が一月すれば40万円になって返ってくる。これは非常においしいトレードですが、皮算用はこのぐらいにして、

そもそも60%の勝率というのは可能なのか?

コイン投げなどであれば、ある程度のばらつきはあるのものの、回数を重ねるうちに限りなく50%に近づいてしまいます。

ところがバイナリーオプションの場合、意外に「偏り」が多く、例えばある通貨ペアのある時間帯のヒットの確率が一か月81%となどということも、意外に頻繁に起こっています。あとは発見してどうトレードに結び付けるか。

システムトレードの場合、この「偏り」の発見ということがまずは重要なファクターだと思います。