50%から60%への試み

バイナリーオプションの取引を行う場合、基本的にはラダー方式であれば円高か円安(ドル高かドル安)しかないので、確率的には50%ということになります。(もちろん売買価格等は考慮していません)

1日一度トレードのペースで一か月続けた場合、50%の勝率であれば10勝10敗(簡略化しています)、それを60%まで上げることができれば12勝8敗で4つの勝ち越しということとなります。

一回当たりの利益が500円、損失が500円であれば、一月1枚当たり2000円の利益ということになります。

「微々たるものだ」という印象を受けますが、トレード枚数を1枚から100枚に変更すれば一月で20万円。

初期投資も60%の勝率を前提とすれば、だいたい20万円程度で済むのではないかと思います。

20万円が一月すれば40万円になって返ってくる。これは非常においしいトレードですが、皮算用はこのぐらいにして、

そもそも60%の勝率というのは可能なのか?

コイン投げなどであれば、ある程度のばらつきはあるのものの、回数を重ねるうちに限りなく50%に近づいてしまいます。

ところがバイナリーオプションの場合、意外に「偏り」が多く、例えばある通貨ペアのある時間帯のヒットの確率が一か月81%となどということも、意外に頻繁に起こっています。あとは発見してどうトレードに結び付けるか。

システムトレードの場合、この「偏り」の発見ということがまずは重要なファクターだと思います。

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する