ボラティリティが低く、トレンドが出にくい時ほど外為オプション?

夏休みやクリスマス休暇あたりは、どうしてもボラティリティが低く、トレンドが出にくくなります。

こういった時期はトレード成績も低迷し、休むが一番?

そんな時こそ、外為オプション?

 

外為オプションのラダータイプ、GBPJPY 23時締切のopが7月のアウト率75%。

これはつまり、7/3から7/28の間、毎日23時締切のopで開始時(20時)にアウトを選択していれば、

(開始時のレートによっては、多少状況が異なる場合もあります)

15勝5敗で勝ち越せるという事なのですが、わかりずらいですか?

別の見方をすると、きちんと統計を取っていれば、外為オプションのひずみを見つけやすく、

システムトレード向き、という事を言いたいのですが。

もっとも、非常に上昇トレンドが強い時など、朝から深夜まで10回のトレードがすべてヒットになってしまい、

何も考えなくても勝ててしまう、という事もあります。

皆さんも一度、外為オプション分析を行ってみたはいかがでしょうか。

節水は呼びかけても、節電は?

首都圏では7月上旬のうだる様な暑さが、この数日幾分和らいでいます。

荒川水域のダムの貯水量が危機的状況で、取水制限が20%になったようですね。

この数日の極致的な豪雨で、少しは改善されたのでしょうか。

暑い夏につきものなのは、数年前までは節水と節電だったように思うのですが、

このところ節電の呼びかけはあまりないように思います。

一時期、原発が止まっている影響で、火力発電がフル稼働状態で、老朽化した施設のため危険な状況が続いている。

という話を聞いたように思うのですが、今は大丈夫なのでしょうか。

それとも、LEDの普及や省電力機器の普及の影響で、全体の消費電力が抑えられているのか。

はたまた私が世間の情報に疎いだけなのか??