一山10円

一山10円と言っても、何か買い物をしているわけではなく、ドル円の相場の話です。

昔からひと相場の上昇あるいは下落が転換期を迎える目安として、ドル円の場合10円程度の変動幅(レートにもよりますが)が多い、と言われています。

今回ドル円の上昇が始まったのが、11/4の104円あたりですから、先週の水曜日で114円となり目標達成?ということになります。

先週の金曜日に発表された米国雇用統計は少し期待外れなものに終わり、テクニカル的にも下落を示唆するものが増えてきています。

来週あたりドル円は下落トレンド入り、となってしまうのでしょうか。