FOMC後のリバウンド

午前3時ころ、FOMCから政策金利の発表がありました。

予想通り、据え置きとなり、その後のイエレン議長の定期会見で、12月の利上げが強調されました。ここまでは予定通りという気もするのですが、会見後のリバウンド幅が意外に小さかった気がします。

オセアニア市場からヨーロッパ市場の時間帯となり、ドル円は100.85円ぐらいまでは上昇しましたが、「う~ん、こんなものなのかな?」という印象です。

下落幅から見て、101.5円超えぐらいまでは買い戻しが入るかなと見ていたのですが・・・?

利上げ期待があって、現状維持だった場合、次回は上げますコメント、はちょっと使い古されてきた感じがあるのか、それとも、景気が実際はそれほど回復せず、12月の利上げはないと見ているトレーダーが多いのか?

来週の動きが気にかかります。

 

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。