今週、来週が正念場か?

英国のEU離脱決議での円高から一転、7月11日あたりから大きく円安が進んでいました。

ところが先週はもみ合いの展開になってします。

ユーロドルが少し下値を探る様な動きとなっているのが気になりますね。

ドル円は来週の米国雇用統計の結果を待ってからの動きとなりそうですが、

場合によってはクロス円から先に動き出すかもしれません。

このところの円安でリスクオンとなり、すべてがうまく回っていたのですが、

今週から来週にかけて、正念場となるかもしれません。

ここをうまく切り抜けられれば、もう一段の円安となる可能性が高まりそうです。