日銀介入の可能性

2/11の木曜日の欧州タイムですが、ドル円が111円をクリアしようとした時、大きく2円以上反発して、円安に向かいました。

この時は、「クリアできなかったことによる買い戻しにしては大きすぎるな」程度にしか考えず、日銀の介入など全く頭になかったです。(しばらく介入などなかったので)

もちろん政府は否定していますが、日銀の介入の可能性がささやかれています。

下落速度が速すぎるということで、介入した可能性はありますが、このレートから介入が入るとすると難しくなりますね。

3月決算に向けてドル円想定レートがかなり下がってしまうと、企業の決算に対する影響が大きいということで、死守したいということなのでしょう。

ただ、日銀の介入は過去何度もありましたが、一時的な効果はあるにせよ、流れを大きく変えたことは少ないと記憶しています。

110円から111円あたりが正念場ですね。