南シナ海でのできごと

南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島で中国がスービ(中国名・渚碧)礁などに造成した人工島から12カイリ(約22キロ)以内に米海軍のイージス駆 逐艦「ラッセン」が入ったことを受け、中国外務省の陸慷報道局長は27日、談話を発表、「中国の関係部門が法に基づき、米艦を監視し、追尾し、警告した」 と対抗措置を取ったと明らかにした。(時事通信より)

それほど、緊迫感がある報道にはなっていないのですが、キナ臭いですね。

結局はチキンレースのようになってしまうのでしょうか?ただ、お互いにメンツとプライドで引くに引けなくなってしまって・・、という状況が怖いです。

為替市場もどことなくリスク回避的なムードが出てきたようにも思います。