ギリシャは6/18を乗り切れるか?

ギリシャは18日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)で妥結するかどうかが、

大きな山場となりそうですね。

日に日にギリシャデフォルト、ユーロ離脱が現実味をおびる中、ユーロ各国は離脱の

準備を始め、ギリシャはロシアへの支援要請が頼みの綱という感じになっています。

実際にそうなった場合に、問題はユーロへの影響がどの程度になるのかが気になります。このところのユーロの動きをみていると、今年の2月とは違って、少しずつ買い戻しが入っている状況です。場合によっては、悪材料出尽くし感からギリシャ離脱後に、一気に上昇するんじゃないかという気配すら漂ってきますね。

ただ、離脱した場合、ユーロ各国の債券売りは避けられないでしょうね。

その影響がどこまでなのかが、混乱の大きさを左右しそうです。