ボラティリティの問題

急落や急激な変動があると、分足単位でのボラティリティが急激に上昇します。

システムトレードであれば問題ない、と言いたいところですがそうもいかず、

ストップとリミットを設定しているEAの場合、結果的には意図した方向に行っている

にもかかわらず、一時的な激しい動きの中でストップにかかってしまうものが増えてしまいます。

対策として、

  1. 一時的に運用をストップして様子を見る
  2. ストップ、リミットの幅を広げる

ということが考えられるのですが、タイミングとパラメータの値をどうするかが難しいですね。

今週に入って、だいぶ落ち着いたかなと思ったのですが、昨日の夜は米国GDPの修正で大きく動きました。

この時期はなかなかうまくいきませんね。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する