ボラティリティの問題

急落や急激な変動があると、分足単位でのボラティリティが急激に上昇します。

システムトレードであれば問題ない、と言いたいところですがそうもいかず、

ストップとリミットを設定しているEAの場合、結果的には意図した方向に行っている

にもかかわらず、一時的な激しい動きの中でストップにかかってしまうものが増えてしまいます。

対策として、

  1. 一時的に運用をストップして様子を見る
  2. ストップ、リミットの幅を広げる

ということが考えられるのですが、タイミングとパラメータの値をどうするかが難しいですね。

今週に入って、だいぶ落ち着いたかなと思ったのですが、昨日の夜は米国GDPの修正で大きく動きました。

この時期はなかなかうまくいきませんね。