撤退の基準を明確に

ユニクロの記事で、「新規事業を始めたとき、撤退の基準を明確にしているのは、ユニクロぐらいだ」という記事がありました。

新規事業の場合、初期投資と考え、利益が出るまである程度期間は目をつぶるということになることは当たり前なのですが、このある程度の期間という定義が非常に難しいです。

このあたりの定義が曖昧であるがゆえに、撤退のタイミングを逃したり、ずるずると多額の費用を投じることになったりするケースが一般的には多いです。

その点ユニクロは、このあたり定義が明確で、8ヶ月で撤退してしまった事業もあるとか。

この事はトレードにも当てはまりそうです。

特にデイトレなどの場合、勝率が下がることを恐れて、ストップを付けないと、

勝率8割でも赤字になってしまうこともあります。

逆に勝率が低くてもきちんとストップをつけてトレードしていれば、結果的には黒字になるということも多いのですが・・。

ただ、ポートフォリオの入れ替え(モデルの撤退)は今だに難しいなあと感じます。

比較的順調にきていた売買モデル(EA)が突如不調になって、どのタイミンクで入れ替えるか。入れ替えるルールは作ってあっても、ある程度のりしろをつけてしまうと判断しかねる部分ができてしまって・・・・。

思い切って入れ替えたあとに限って、すぐに復活するんですよね。

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 9年間負けなし、昨年1年間で2,000万円以上を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【3月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間880万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1回目の映像ではIPO投資家として9年間、年間負けなしの柳橋が 柳橋式IPO投資よりIPO株の獲得方法について具体的にわかりやすくお話します。 実際に事例をお伝え致しますので、すぐに実践で役立てられます。

【3月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「高確率で利益を狙うセカンダリー戦略」
2回目の映像では柳橋氏が得意としているIPOセカンダリーより 「業績の進捗率に注目する戦略」と「需給に注目する戦略」を それぞれ事例を交えてわかりやすくお伝えします。 IPOセカンダリーを習得すれば全てのIPOが収益機会になります。 是非、お役立て下さい。

【3月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「京美人が年間1000万円稼いだIPO戦略」
3回目の映像では柳橋式IPOセカンダリーの戦略をさらにご紹介! 「初値買い戦略」と「公募割れ狙い戦略」を具体的にお伝えします。 今回も事例を交えてお伝えしますので、投資手法の再現性を実感して頂けます。 柳橋式IPO投資は多くの成功者を輩出していますので是非、お役立て下さい。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する