MT4+EA=VPS ?

 正直なところ、MT4はあまり好きではなかったのですが、時代の流れには勝てず?今年の春ぐらいから、MT4での運用を本格化させています。
 MT4といえば当然EAが必要になってくるわけで、最初は自宅のサーバーで運用していました。そのうちVPSに移行していくわけですが、今年はこの3つにシステムを変えたため、
大きく振り回されてしまった年となりました。その余興苦節の状況を少しずつ説明していきたいと思います。
 その前に・・・
 まず、用語説明からですね。
MT4 :MetaTrader4の略ではロシアのMetaQuotesSoftware社(メタクォーツソフトウェア社)が開発した無料で使える高機能FXトレードソフトです。日本ではチャートソフトとして使われているのがほとんどというコメントもありましたが、「え~?」という感じです。正直、チャートソフトとしては、非常に使いづらいように思います。日本時間ではないし、見づらいし、あまりカストマイズできないし・・・・。日本のFX会社のチャートソフトの方が使いやすいように思います。自動売買ツール以外ではあまり使いたくないですね。
EA : Expert Advisorの略で、MetaQuotes社が開発したMetaQuotesLanguage(MQL言語)を用いて書かれたプログラムの事です。 MQLを使用して、完全自動売買やバックテスト等の命令をコンピュータに出す事ができます。 MQL言語はC言語に近いのですが、独特な部分があって、今だにあまり慣れていません!?
VPS : レンタルサーバのサービス品目の一つで、共用サーバながら仮想的に専用サーバと同等の機能を提供するサービス。物理的に専用サーバを提供するよりも安価に、専用サーバと同等の機能を提供できるため、各社が競って導入している。
ここにMT4とEAを置くことによって、自宅のPCを使用することなく、24時間のFXシステムトレードが実現できます。