FXシステムトレード=MT4+EA

ちょうど昨年の今頃の話です。
投資とは全く関係のないところで知り合った、とある会社の営業の男性と世間話をしている時のことです。
営業男性:「池田さんは投資などやられているのですか」
私:「はい一応」
(どういう意図で質問してきたのかと、身構えてしまったのですが、全く深い考えはなかったようです)
営業男性:「やはり株ですか」
私:「いえ、最近は株はあまりやっていませんね。もっぱら外国為替です」
営業男性:「ひょっとしてFXというやつですか」
(ちょっと、どう受け流そうか、しきりに考えながら・・・)
私:「・・・そうです」
営業男性:「実は私も最近FXをはじめまして、少しはまってしまってます」
私:「・・・・ふ~ん、そうですか」
営業男性:「でも、難しいですね。儲けようとするとなかなかうまくいかないです」
私:「・・・・」
営業男性「最近はシステムトレードというのをやってみようと思いまして、MT4というのを
少し勉強してみたんですが、難しいですね。池田さんはMT4とかご存知ですか」
私:「一応知ってはいますが、使ってはいないですね」
営業男性:「・・・そうですか。MT4を使っている方がいたら教えてもらいたかったんですけど。やっぱり、システムトレードといえばMT4とEAじゃないですか」
私:「えっ、そうなんですか?」
営業男性:「そうですよ、きちんとしたEAを作れれば、確実に儲かりますからね。でもプログラムは難しい、購入するしかないですかね」
この時は、何かこの営業男性に深い策略がるような気がして、いろいろ考えてしまったのですが、あとで確認したらそういった意図は全くなかったようです。
その後、
「システムトレードといえばMT4とEA」
という言葉がどうも引っかかってしまって、しばらく頭から離れなくなってしまいました。
    一般的にはもうそういう時代なのか?
自分がちょっと浦島太郎のようにでもなった気分で、
井の中の蛙だったかな、と少し考え直しました。
そして、一大奮起してMT4とEAに取り組むことになるのですが・・・・・・・。