統計学が最強の学問である

投資(株式。為替、商品先物を問わずです)を始める方に是非ともまず読んでいただきたいのはこの本です。
もちろん、株式投資の方法や為替のしくみなどの具体的な入門書を読んだあと、順番的には2番目ということになってしまうのですが、あまりテクニック的な本を読んでしまう前に、ぜひとも読んでいただきたい本です。
この本は、投資向けということで書かれた本ではないのですが、「統計的に優位に立つとはどういうことなのか」「統計的に優位に立つ具体的な方法は」など、いくつも例をあげて、多少統計用語的な難しい言葉も出てきますが、統計学がなぜここまで大切か理解できると思います。
「で、投資に何故統計学が必要なの」という質問が返ってきそうですが、もちろん、「儲かってしまって仕方ないです」という人には全く必要ありません。
「どうやったら、儲かるのか」「継続的に利益を上げていくにはどうしたらよいのか」
と悩んでいる方には特に、何らかの答えが見つけられるように思います。
特にシステムトレードをもし目指しているのであれば、必読書としてこの一冊をまずあげたいですね。
これからの時代、天気予報も統計学に基づいたシステム化だそうです。
投資も基本的にはそんな時代なような気もします。
「統計学が最強の学問である」 西内 啓 著 ダイアモンド社