終わりが近いのか?

 ドル円のレートで、105円、いやいや110円、いやもっと120円と、限界説の意見が分かれてきているようです。
 週足のチャートで見ると、今週このまま調整が続いて、100円を割って週末を迎えるようなことがあると、そろそろまずいような気もします。
 問題はそのあとで、大きく調整してしまうのか、それとも100円あたりを中心にレンジ相場となるのか?
 レンジ相場となった後も、7月の中国バブル崩壊説が待っています。その時期に合わせて、大きく円高が進んでしまうと、アベノミクス失敗という結果にもなりかねないので怖いです。
 すいません、相変わらず心配性です。