キプロスが・・

 再びユーロに暗雲が立ち込めているようです。
キプロスがデフォルトの危機に見舞われて、頼みのロシアも交渉に応じなかったようですね。
 ところで、キプロスと言われてどこにあるか即答できる方も少ないような気もします。(実は私もそうですが)
 地中海の東の端に位置していて、レバノンやシリアの対岸にあります。
地政学的にもかなり危険な場所なような気もします。
 
 今回の金融危機も元はといえばギリシャ国債を大量に保有していたことに原因があるみたいですね。
 そして、ロシア人の口座もたくさんあるようで、
「預金に課税されるようになったらおたくも困るでしょう」
ということで、ロシアに交渉に行ったようですが、ロシアは駆け引き上手です。
すんなり交渉に応じる国ではなかったわけですね。
 週明けからどんな展開になるか、心配です。