月足チャートを眺めていると

 ドル円の月足チャートを眺めていると、1998年8月の147円台をピークに、
昨年の10月辺りまで下落トレンドが続いていたことがわかります。
 それにしても15年とは長かったですね。
(すっかり下落トレンドは終了して気でいますが・・・?)
 特にこの2年あまり続いた85円以下の状況は、いかに特殊?な状態だったかがわかります。
 チャートだけで短絡的に判断すれば、まだ円安は序の口の序の口という感じがします。100円あたりまではすんなり、今年中に120円あたりまで進んでも、全く違和感がないような気さえしますね。(あくまで感じですよ)
 ただ、そこにたどり着くまでは何度か大きな調整がありそうですが、そのタイミングを図るのが難しいですね。
 89円台で仕込んで、なんとか99円あたりまでは我慢する、という方法が得策なのかもしれません。
 長期保有覚悟で余裕資金での低レバレッジポジションが大切ですね。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。