円安の崖

11月あたりから始まった円安が、いよいよ本格化してきた感じですね。
秋口からクリスマス休暇、あるいは翌年の年始あたりまで、特にクロス円を中心とした円安が続くという傾向は、以前はよくあったのですが、リーマンショック以後、めっきりそういった傾向は少なくなくなっていました。
 今年は秋からのわかりやすい円安が戻ってきた感じで、リーマンショック以後狂っていた季節パターンもようやく正常化した?といった感じです。
 となると次には昔の嫌な記憶が蘇るのですが・・・。
 
 クリスマス休暇前、あるいは年末から年始にかけて、たまに1月の末あたりに、急激な「円安の崖」が訪れるという記憶です。
 とりあえず、クリスマス休暇前は無事クリアした感じですが、年末から年始にかけてはどうでしょうか?
 それとも、あまりに進みすぎた円高の修正の為、このぐらいのレベルではまだ、円安の崖は訪れないのか?
 考えようによっては、大きなチャンスでもあるのですが・・・。