トレード記録を分析する

最近、特にFXで「勝ちトレード自慢」あるいは「大負けトレード自慢?」を
ブログやYou tubeなどに掲載する方が増えているようです。
こちらも

http://mamesoku.com/archives/2747148.html


そうなのですが、トレード記録が載っていたので、
早速、チャートとヒストリカルデータの分足を使って、分析してみました。
いくつかサンプルを分析しただけなので、あくまで憶測ですが、
1)基本的には、チャートとテクニカルに基づいた売買サインを使うスキャルピングスタイル
2)ブレイクアウト的な仕掛けルールが入っている
3)決済ルールはテクニカル的な反転?
こんなところでしょうか?
良い点としては
1)通過ぺアごとにトレード枚数を固定している
2)ストップ幅を非常に小さくおさえている
3)ポジション保有時間が非常に短い
1日の利益幅がユーロドルで30pips程度と、コンスタントに持続させるためにはなかなか良い感じです。
おそらく、勝率が高いポイントのみでしかトレードしない、
必要以上にポジションを取らないタイプなようなので、
この方法はコンスタントに利益を上げるうえで有効だと思います。
もちろんこれだけでは詳しいことはわかりませんが、
このようなトレードが毎日行えているとしたら、かなりの上級者のように思います。
他人のトレード記録を分析するのは楽しいですね。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。