リスクヘッジはどこへ

相変わらずご無沙汰してしまってすいません。
このところ、円安=リスクテイク的な流れだったのですが、それも一服。
今週に入ってからはリスクヘッジ的な流れになっています。
ところで、リスクヘッジ=円高で本当にいいんでしょうか?
日経にもありましたが、原発レベル7情報や大きめの余震があると、
リスクヘッジ=円高 ということで、パブロフ反応?で円が買われる。
ということらしいです。
実際は、これほどの災害で、景気後退、財政難リスクが高い国の通貨が買われることが、
本当にリスクヘッジになるのか?
この疑問はどのトレーダーも持ちながらトレードしているようです。
ただ、リスクヘッジの方法が他にないので、仕方なく円を買う。
という感じなのかもしれません。
本当は、ユーロやオージーを買っていた方が余程安全なような気もするのですが、
それは今のところ、リスクテイクの動きなので・・・??
なんとなく納得がいかない、不思議な約束事は、
そのうち崩れるような気がします。