昨年のNo.1モデルは

 昨年のNo.1モデルは、ユーロ円トレンドF5ということになりました。(あくまで自分の運用モデルでの話です)
と書いても、自分で勝手に名前を付けたモデルなので何の事だかわからないと思います。
 寄り引けのデイトレモデルなのですが、ルールは非常にシンプルで、前日が陽線だったら買い、陰線だったら売りというわかりやすいものです。損切りは売り0.9円、買い1.1円で設定しました。
 この方法でユーロ円で昨年売買した場合、非常に素晴らしい成績でした。どのくらい素晴らしかったかは、意外と簡単に検証できるので、ぜひ確認してみてください。

 ただ、残念なのはこのモデルにあまり重点を置いていなかったので、全体の成績としては今一つです。ポートフォリオの組み方の重要性を痛感します。

 このところカウンターモデルよりトレンドフォローモデルの方が成績がいいですね。
もっとも損切りの幅や、タイムスパンにもよると思いますが、レンジの中の動きでも、レンジ幅が大きく、あまり方向感のない時期が少ない、ということなも知れません。
 この傾向がいつまで続くかはわかりませんが・・・。