NYダウは調整で終わるのか

petitbootangさんコメントありがとうございます。
やっぱりひまわり証券でしょうか。この際いろいろ検討してみます。

NYダウはこのところ軟調な展開を見せています。
単なる調整で終わるのか、それとも・・・?
今週末の雇用統計の結果にも注目ですね。
こんな時もCFDは頼りになるのですが、オリックスさん考え直しませんかね?

オリックスCFD終了

 オリックスCFD終了のお知らせが来ました。
最近、日経225関係の取引は、オリックスCFDで行っていたので、どうしようかいろいろ考えてしまっています。CFDの人気は今ひとつというところなのでしょうか?
 自分としては、ダウやFT、原油まで一つの画面で見られて、FXと同じ感覚でトレードできますし、日経225からの入金や出金もスムーズなので、大変気に入っていただけに残念です。
 う~ん、どこの取引会社にしましょうか?

昨年のNo.1モデルは

 昨年のNo.1モデルは、ユーロ円トレンドF5ということになりました。(あくまで自分の運用モデルでの話です)
と書いても、自分で勝手に名前を付けたモデルなので何の事だかわからないと思います。
 寄り引けのデイトレモデルなのですが、ルールは非常にシンプルで、前日が陽線だったら買い、陰線だったら売りというわかりやすいものです。損切りは売り0.9円、買い1.1円で設定しました。
 この方法でユーロ円で昨年売買した場合、非常に素晴らしい成績でした。どのくらい素晴らしかったかは、意外と簡単に検証できるので、ぜひ確認してみてください。

 ただ、残念なのはこのモデルにあまり重点を置いていなかったので、全体の成績としては今一つです。ポートフォリオの組み方の重要性を痛感します。

 このところカウンターモデルよりトレンドフォローモデルの方が成績がいいですね。
もっとも損切りの幅や、タイムスパンにもよると思いますが、レンジの中の動きでも、レンジ幅が大きく、あまり方向感のない時期が少ない、ということなも知れません。
 この傾向がいつまで続くかはわかりませんが・・・。