行き過ぎれば戻される

買われ過ぎれば売られ、売られ過ぎれば買われる、そんな相場が株も為替もしばらく続いています。
 もみ合いといえば一言で片づいてしまうのですが、レジスタンスとサポートの間で、どちらへ向かうにも材料不足で、トレンドができるまでに至らないのか、それともトレーダーが作り出した流れにうまく乗せられているだけなのか、ある意味裏をかくことに力を注ぎこむ相場が続いているのかもしれません。

 暗黙のコンセンサスとして、レジスタンスにかかったとき折り返しの動きになるはずが、
大きな裏切りにかかってしまう、そんな動きが次に流れを作るのかもしれませんね。