「短期楽観の終わり」

 かんべい先生のおっしゃっていた「短期楽観の終わり」がより鮮明になってきたように思います。
http://tameike.net/pdfs8/tame420.PDF
 これから、中期悲観ということになるのですが、問題はいつまで中期悲観なのかということでしょう。
 半年、1年、2、3年?
 米国の政策や各国の状況によっても違うと思いますが、
なんとか1年以内には脱出したいものです。

「日本は米国や欧州に先行して回復する」
という意見もあるようですが、私的には??です。
アジア新興国の早期回復を前提としているようですが、
特に中国に対しては不思議な面が多いです。
「良好な経済データを他国と比較した場合、つじつまが合わないものが多い」
という見方は少し前からあったのですが、
いよいよメスを入れようという動きもあるようです。

常識的に考えても
「米国の巨大な消費力をカバーできるほど、短期間で中国の内需が拡大したのか」
という見方はできそうです。
日本の回復は欧米よりも遅れてしまうのではないでしょうか。
IMF、世界銀行ともにそのような見解のようです。

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。