何が何でも1万円

今朝発表された機械受注の経済指標は、「自動車関連が改善されている」等、後付けで理由はつけられていますが、明らかに悪い数値だったと思います。この数値に反応する前に、先物で買いあがってしまった感じですね。どうあってもSQまでに1万円を突破したい方がたくさんいるようです。
 為替もその動きに乗せられる形で上昇しています。状況的にはドル円はあまり変わらずで、ストレートに調整が入るかなという雰囲気だったのですが、まんまと崩されてしまっています。
 
SQ後、1万円達成後はどうなるのか?

米国債の入札に絡む金利動向が明日、明後日と気にかかります。