踏み上げ相場再び

為替は今週、ドル円、クロス円ともに29日からかなりの上昇幅がありました。
なので、金曜日は午後3時のロンドン勢が参加してくるあたりから、利益確定に押されて円高に傾くだろうと考えた方も多かったと思います。
そこを狙われた!という感じですね。
EU市場はメーデーでほとんど休みで、東京市場も早めに閉めてしまった方が多かったと思います。薄い取引状態で踏みあがるには絶好の条件だったのかもしれません。
まんまと短期投機筋にやられた感じです。

 日経225先物もその様子はあります。
6連休みを控えて、一旦手仕舞、あるいは現物は温存して先物でヘッジした方も多かったと思います。午後2時あたりの状況を考えれば、9000円ちょっとあたりにストップを置いておけば大丈夫かなと考えた方も多かったと思いますが、まんまと狙われた感じですね。
通常であればストレステストを控えた連休前の午後は売りに押されても何の不思議はなかったと思いますが、カウンターを突かれた感じです。9100円超えまでいってますから、ストップを食いつくす勢いだったと思います。

 最近は踏み上げ、踏み落としが特に多いように思います。
まだまだ相場のメインプレーヤーは短期投機筋なのでしょうか。