NYダウ爆上げ!

消費者信頼感指数、リッチモンド連銀製造業指数が市場予想を上回る結果となったことを受けてNYダウが爆上げです。8500ドルあたりまでは行ってしまうのではないでしょうか?
それにしても2つの指標がここまで改善されているとは思いませんでした。
 明日の日経平均も開始早々、9500円超えなんてことになってしまうかもしれません。
 
 為替の方はいま一つ盛り上がりに欠ける状況ですね。ドル円に至っては95円の壁に弾かれて戻ってきてしまいました。夕方までのEURUSDやGBPUSDなどのストレートは、利食い売りによる調整色が強かったです。ところがマクロ指標の好転であわてて買い戻されている感じですね。
 クロス円はストレートとドル円のねじれ現象がでているので難しい状況です。
方向感が見いだせない感じですね。無理にポジションを取らないほうが良いかもしれません。今後の展開も難しくなりそうです。円安、ドル安方向へもう一段の上げがあるのかないのか?強弱いろいろな材料が入り混じって、判断が難しい状況が続きそうです。
 
 NYダウや日経平均と為替の連動性も強くなったり全くなくなってしまったり、時間帯によってまちまちです。
 基本的には材料待ちの薄商いの中、踏み上げを狙っていく、ディーラーズ相場的なイメージなのでしょう。NYダウはかなり踏み上げられてしまった感じがします。

 明日からも難しい展開になりそうですね。