メッキがはがれる時

為替は先週あたりから、日経平均は今週に入ってから少し下落基調になっているように思います。
 日本のエコノミストなどは、まだ単なる調整と考えている方が多いようです。
下値のメドは8300円から8500円あたりとする方が多いようですね。
私は8000円を単なる通過点と考えているのですが・・・。

 NYダウの3月からの上昇を演出していたのは、やはり短期の投機筋だったようですね。
ベアマーケットラリーと経済回復の兆しに乗っかって、上昇気流を作り出し、実体経済に目が向くまでは上げ続ける。
 実体経済が実は下げ止まってはいないんじゃないか、金融関係の好調さは作られたものではないかと、疑念が湧き出した頃、サッサと退場してしまう。これは予定通りの行動かもしれません。

 日経平均やポンド、ユーロなどにも短期の投機資金がかなり入ってきているようです。
 本日も午後になって日経平均、クロス円ともにだいぶ戻してきているようです。
「この数日の下げは単なる調整、絶好の買い場」という言葉に乗っかって、買いを入れてしまうと、またしてもまんまと海外の投機筋に足元をすくわれかねないように思うのですが、どうなることでしょうか?

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。