メッキがはがれる時

為替は先週あたりから、日経平均は今週に入ってから少し下落基調になっているように思います。
 日本のエコノミストなどは、まだ単なる調整と考えている方が多いようです。
下値のメドは8300円から8500円あたりとする方が多いようですね。
私は8000円を単なる通過点と考えているのですが・・・。

 NYダウの3月からの上昇を演出していたのは、やはり短期の投機筋だったようですね。
ベアマーケットラリーと経済回復の兆しに乗っかって、上昇気流を作り出し、実体経済に目が向くまでは上げ続ける。
 実体経済が実は下げ止まってはいないんじゃないか、金融関係の好調さは作られたものではないかと、疑念が湧き出した頃、サッサと退場してしまう。これは予定通りの行動かもしれません。

 日経平均やポンド、ユーロなどにも短期の投機資金がかなり入ってきているようです。
 本日も午後になって日経平均、クロス円ともにだいぶ戻してきているようです。
「この数日の下げは単なる調整、絶好の買い場」という言葉に乗っかって、買いを入れてしまうと、またしてもまんまと海外の投機筋に足元をすくわれかねないように思うのですが、どうなることでしょうか?