ギャップ

単純引き算ですが、日経225-NYダウがもう少しで1000ポイントになりそうですね。
円安ということもあると思いますが、昨年の11月初旬頃はドル円が100円程度だった時、日経225-NYダウの差はほとんどないか逆にNYダウの方が上でした。
 加速度ということも考えられるので、一概には言えませんが、ちょっと日経225がダウに比べて上がり過ぎという気もします。
 リアルタイムで2つのチャートをじっと見ていると、東京市場時に日経225が上昇しても、NYダウの反応が鈍かったり、NY市場時にNYダウが下がって日経225は反応しなかったりと、そういったことの積み重ねで少しずつ差が広がっているような気もします。

 それとも、年度末につぎ込まれた年金分のカサマシということなのでしょうか?

 どちらにしてもどういった形で差を埋めていくのか、それともしばらくは変わらないのか、注目したいと思います。