円高へ転換?

ドル円は98円50銭あたり、ユーロ円は134円50銭あたりの壁が厚そうです。
 今月の後半からは、かなりハイペースの円安が続いていたので、そろそろ一服しても良いかなという時期です。一時期の勢いも少しなくなってきたように思います。
 ドル円は94円から99円あたりのレンジ相場的な動きと解釈してもよさそうですが、ユーロ円はトレンドの変化か一時的な押し目なのかはまだ見極めが難しい段階です。
 ユーロドルはFRBの米国債買い取り報道で、1.3から1.35まで底上げされたままなので、そろそろ修正されても良いかなといった感じもあります。
 
 ファンダメンタルズ的に変化はあまりないのですが、ユーロ、ポンドは今年1月の末ぐらいまでにかけて必要以上に売られ過ぎました。その反動から急上昇となったわけですが、そろそろ昨年の10月あたりのレベルまで戻しています。売られ過ぎ感もなくなってきたと解釈しても良いころです。

 状況的にはユーロ高もそろそろ終点に近づいたかな、という可能性の方が少し高いようにも思います。