97円の攻防

ドル円の97円あたりのサポートラインが強いですね。
昨夜から何度も攻防が繰り広げられているようですが、なかなか突破できません。
円安派は今回の調整を97円までに抑えて、意地でも100円近くまでは持っていきたい感じです。
 NYダウとの相関性もまた少し強くなってきたようです。NYダウ先物、日経225先物、ドル円、クロス円との連動が見られるようになりました。
 ドル円はNYダウ先物が上昇時には一緒に、下降時にはあまり連動せずという状況も見られました。
 NYダウ先物に合わせて日経225先物が上がる傾向が強い時は、資金量が多ければ取引量が少ないNYダウ先物を買って、日経225先物の上昇を誘う。
 などという作戦も取れてしまうのではないかと考えてしまいます。
 
 日中のNYダウ先物の動きは、むきになって追っかけるほど意味はないんじゃないかと・・・。

 日経225先物が7500円を超えて、ドル円が100円を超えて力強く上昇するというのもこの時期イメージしずらいです。

 もみ合いが続くのも疲れますね。