ハイレバレッジスキャルパーの苦難

早ければ4月からFX関係の規制が強化されるという情報が現実味を帯びてきました。
 1)極端に高いレバレッジは規制され、50倍程度までに抑えるようにする
 2)0に近いようなスプレッドは規制される
 3)証拠金保全分割の徹底化

というようなことのようですが、詳細まではまだわかりません。

特にレバレッジの問題はハイレバレッジスピャルパーにとっては大問題となりそうですね。
 システムトレーダーにとってもスプレッドが大きくなるということは大問題です。また昔に逆戻り?という感じですね。

 ハイレバレッジについては、具体的な情報を流してあげれば事故は減るように思います。
 たとえば50倍以上のレバレッジをかけるときは、1円逆方向へ動くといくら損するのかを提示したり、何円逆行することで口座残高がなくなってしまうなどの情報を提示できるようにするとか。
 このような情報提供をFX会社に求めてから、レバレッジ規制をかけてもよさそうですが、そんな面倒なことはしないのでしょうね。

 何はともあれ、FXトレーダーにとっては苦難の春になってしまうかもしれません。