リパトリ合戦

最近の円安は米国金融機関や企業のリパトリによる影響が大きいみたいですね。
普段なら今日は金曜日なので、夕方あたりから利益確定による円高の流れかなと考えていたのですが、意外に早く終わってしまって、しっかり昼間のレベルまで反転してしまいました。早めに決裁しておいてよかったです。
 なかなか見えにくい動きが絡んでくるので難しいですね。

 来週はもっと難しそうです。
日米のリパトリ合戦が繰り広げられそうです。
基本的にドル円は西高東低でしょうか。つまり欧米が主な取引時間はドル円が買われて、アジアが主な取引時間はドル円が売られる?まだわかりませんが。
そんな単純に行ってくれればよいですね。

 96円あたりまで行ったら、今度は円安になるという予想もあります。
あまり無理をせず、自然な流れに従ったほうが無難かもしれません。