織り込み済みに怖いものなし

 22:30に米国雇用統計の発表がありました。

 非農業部門雇用者数が59万8000人減少、減少幅は1974年12月(60万2000人減)以来34年ぶりの大きさ、市場予想は52万5000人減でした。
 失業率は7.6%と前月から上昇し16年超ぶりの高水準。市場予想は7.5%でした。

 この非常に悪い結果を受けて、ドル円、クロス円、NYダウともに大きく上昇しました?
「織り込み済みに怖いものなし」というところなのでしょうか??
まさにお祭り騒ぎです。

 「時価会計規則の変更」「バッドバンク構想」「追加景気対策期待」ということなのかもしれませんが、それにしてもねえ、という感じです。

 インフルエンザにかかってしまい40℃以上熱があるのに、
「今、薬を飲んだから大丈夫」と遊びに出かけてしまうような感じです。

 この調子だと月曜日の日経平均も大きく上がるのでしょうね。
8500円、9000円を目指す動きになるのでしょうか?
トヨタの4500億円もの赤字なんて全く関係なし、ということになってしまうのでしょうかね。
 
 残念ながらこの上昇気流には乗らないことにしています。
どこかに大きな落とし穴が隠れているような気がして仕方ないので・・・。

アクティブ口座タイアップキャンペーンやってます。お申込みは
コチラ
まで。