NYは1万ドルまで?

 NYダウはどうしても1万ドルを達成したいようですね。
日中のアジア市場の流れは、全く無視されたかのようにNYダウは上昇しています。
その影響で円高傾向も少しお休みになってしまった感じです。

日本経団連の御手洗冨士夫会長から「「80円台というレートが許容できるかどうかは業種による。さらに円高が進めば業績にインパクトがあるだろうが、今はそれほど変わりない」
という発言があったようですが、春先に90円を割ったときあれだけ騒いだのは何だったのか?今はなぜ大丈夫なんでしょう?為替予約?海外生産が増えた?半年でそれほど変わってしまうとは考えずらいですが・・・?

本日はありがとうございました

本日はエンジュクさんのセミナーがありました。
わざわざ来ていただいたかた、ありがとうございました。
久しぶりのちょっと長いセミナーだったので、
声がかれてしまい、お聞き苦しい点があり、申し訳ありませんでした。
これに懲りずにまたよろしくお願いいたします。

ババ抜きゲームの結末は?

 たくさんをババばかり持っていてはいつまでたってもあがれないので、
一斉に投げ出す時期が来るのかもしれません。
出口戦略という言葉が、キッカケ??

 本日のNYダウは過剰に反応している感じがあります。

 最近は利上げ観測=ドル買いという流れでしょうか、
NYダウ下げ→ドル買いという図式になっています。
この傾向もいつまで続くかわかりませんが・・。

90円割れはあるのか?

ドル円が再び90円割れを狙うような状況になってきています。
他の通貨との関係をみた場合、ニュージーランドドルが上昇力が強くなってきていますね。
ポンドは下降気味、ユーロはユーロドルの1.5の強い抵抗戦に阻まれている感じです。
基本的にはドル売りなのですが、受け口として、オセアニア通貨だけでは少し弱い感じです。ユーロドル、ポンドドルが大きく上昇する気配を見せていないので、ドル売り円高は素直にリンクする可能性も大きいですね。

 90円でもう一度跳ね返される予想が多いようですが、今朝のように薄商い時を狙った仕掛け的な売りが大きく出てくれば90円割れもあるかもしれません。

メルマガ担当です

本日のメルマガ担当です。
「100年に一度ではなかった」と題しまして、
リーマンショックから約1年を経過して、今はどういう状態なのかを考えています。
よろしくお願いいたします。

メルマガお申込みはコチラから