民主党圧勝!

民主党が圧勝ですね。さすがにここまで圧勝するとは思いませんでした。
民主党であれば当選できた感じです。私も出馬していれば?(冗談です)
マット今井氏は微妙なラインですが・・・。

 米国の日本民主党に対するネガティブな印象から、円高が進むとの見解が多いですね。
株に関しては株高を予想する声が多いですが、民主党の政策を考える限り、企業にとっては明るい話題は少ないように思うのですが・・・?

 明日の海外市場に注目です。

オンラインセミナー受講ありがとうございます

本日はエンジュクさんでオンラインセミナーを行いました。受講されました方、ありがとうございます。ただ、最後のほうでお見苦しい点がありましたようで、申し訳ありませんでいした。本番前にどうもなごんでしまい、緊張感が足りなかったように思います。
なお、時間が押してしまい、質問にはあまり答えられませんでした。再度こちらのブログのコメント欄に入れていただければ、できる限りお答えするようにいたしますので、よろしくお願いいたします。

マクロ指標好結果をどうとらえるべき?

 このところ発表されるマクロ指標は、米国、欧州ともに良い結果のものが多いです。
ただその割に、株価は少し伸び悩み、為替は若干円高気味といった感じです。
 債権高も進んでいる感じですね。
 普通に考えるとなんだか難しい展開という気もしないではないのですが、見方を変えれば意外に単純なのかもしれません。

 今まで株高を演出してきた投機筋がそろそろ利益確定の準備に入っている。
ただ、それだけの事かもしれません。

 利益確定で調整、または停滞した後はどうなるのか。
それはまだわかりませんが、9月以降の大きな流れになりそうです。
ドル円の90円割れ、これはありそうな気もするのですが・・・??

仕組まれた罠

 本日の日経225先物は、お昼過ぎあたりまで10100円をうかがう動きで、その後一変して上昇し、米国中古住宅販売件数-7月の発表まで一直線という感じでした。
 米国中古住宅販売件数-7月の好結果があらかじめ分かっていたかのような・・?
 
 東京市場の午後一から米国経済指標の発表まで一直線に上昇していくパターンは、この春先から何度も見たような気がします。市場のセンチメントが弱気に傾きだしたときに、米国経済指標の好結果を予測して一気に買い上がっていく。投機筋の絶好の勝ちパターンになっているように思います。

 この投機筋の勝ちパターンはまだ何度か繰り返されるのかもしれません。
ただ、投機筋が期待する絶好の勝ちパターンは、ご存じのようにセンチメントが大きく強気に傾いたときに一気に崖から突き落とすパターンです。そのためには崖の高さは高ければ高いほど良い、ということでしょう。

 秋口になって景気回復に対する革新的なムードが支配的になり、1万ドル回復を達成したあたりで、大きな懸念材料が噴出する。こんなことにもしなったら、仕組まれた最終的な罠のシナリオどおりということなのかもしれません。

本当に回復している?

昨日はNYダウの寄り付きから大きく上昇しましたが、本日は下落して始まりました。
小売関連のマクロ指数の悪化によるところが大きいようです。
23時以降はも戻してきていますが。

 このところのマクロ指数は、企業の業績関係や景況感指数などが改善し、消費関連、個人収入などが悪化しているようです。雇用関係もこのところは底打ち改善ということにはなっていますが、相変わらず毎週55万人以上コンスタントに申請される新規雇用者数をどのようにとらえるか、そのあたりにもズレはあるようです。

 もう半年近くも景気底打ち感からのイケイケムードで上昇を続けています。
その状況に反比例するように、米国政府の赤字額は過去最高をどんどん更新しています。
 秋口になり冷静になって見方を変えたら、
「米国政府がこれだけ財政支出して、ありとあらえる対策を取っても、景気はそれほど回復していない」
などということになってはしまわないのか?

「理由は何でも構わない、とにかく資金は十分にあるのだから、上がりそうな見込みがあるところにはどんどん投資せざる負えない」
という状況はいつまで続くのでしょうか。

10500円の攻防

今月も日経平均は、オプションがらみの攻防です。今月は10500円付近で明日の後場まで激しい攻防が繰り返されそうですね。
 お盆休みということで、動きが軽い状況もあり、かなりかけ引きがありそうです。
本日のお昼休み?後場引け間際?あたりから一気に仕掛けるのか。
それとも夕場で一気に釣り上げて、明朝には10600円付近まで持って行ってしまおうという作戦なのか?

 このところ買い方の勝ちが続いているだけに、売り方も慎重になっているようです。

為替も不気味に下げている感じです。ドル円が再び95円を割ってしまうと、日経平均にも影響が出そうですね。
 クロス円は調整色?あるいは下落トレンドが少し出てきているので、景気回復路線一色で今週を乗り切ってしまうには少し無理がありそうです。

 「民主党が勝つと円高、90円割れも時間の問題」
という観測もあるようですが、そればかりは民主党が勝ってみないとわからないような気もします。