スワップが!スプレッドが!

画像の確認

このHCはある瞬間をとらえた2社のレート状況なのですが、よく見ると
F社のGBPJPYの買いスワップが600円、G社のGBPJPYの売りスワップが-152円。
ここだけ見ると、仮にF社でGBPJPYを10枚買い、G社でGBPJPYを10枚売りポジションを
とっていれば、ほぼノーリスクで毎日4480円のスワップ金利が手にできることになりますね。
EURJPYでも同じようなことができそうです。

いつもこんなに開いているわけではないのですが、この傾向は続いているようです。
いつまで続くか分からないので、少し怖い気もしますが、面白いことは面白いですね。

ただ、スプレッドも相当荒れています。通貨ペアによっては取引の薄い時間帯だと、あっという間に1枚で3000円ぐらいスプレッドを取られてしまうこともあります。
レートも瞬時に飛んでしまうことも多いので、まさに荒れ相場といった感じですね。
まだまだ当分は、気が抜けそうにありません。