掟破りの政策

米国政府はどうも最近、「掟破り」的な政策を出してきているように思います。他国に対して「それをやってはいけない」と言っていたことを自ら今やっているようで、「緊急事態だから仕方ない」ということなのでしょうが、それだけ切羽詰っている?という気がしないでもないです。
 シティグループの決算も「う~ん、本当に???」と言いたくなってしまうような結果でした。メルリリンチと比較すると、どうも納得できないような・・。(JPモルガンもそうですが・・・)
 厳格な決算基準というのも少し緩和されているようですし、「とにかく今はまずい」ということなのでしょうか。

「リセッションはシステムに存在する過剰を取り除くという意味で『善』である」
「米国が過剰(マネー)にまみれたウォール街を救済して、リセッション回避をはかることは愚かしく、米国は、実際にリセッションを体験するより、はるかに高価な代償を支払うことになるだろう」とし、「無分別な資金供給によって、FRBは自らの衰退を招くだけでなく、激しいインフレを招き、基軸通貨としてのドルの終焉を早めるだろう」とロジャーズ氏は警告しています。

 確かにそのように思います。米国らしからぬ政策によって、
信用問題からモラルハザードまで発展してしまうと、もう取り返しがつかないような?
「米国流、自己責任の原則」を貫いてしまった方が、復活は早いように思います。

一時的には上手くしのげても、マーケットはその辺りを感じ取ってしまうのではないでしょうか?

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する