FXCMが・・

ムーディーズが日本国債の格付けをA1からAa3に引き上げた事を受けて、円高が進んでいますね。ドル円は102円あたりまで下落するとの見方がでているので、要注意ですね。
 
 先週からFXCMのレートが小数点以下2桁から3桁(なつかしい言い方です)になったため、
より細かいオーダーが可能になり、またスプレッドも縮小したようです。この点、トレーダーにとっては有利になったようなのですが・・・。
 成り行き注文時に動きが少しあると、なかなか約定できないケースが増えてしまったようです。確かに細かくなった分、すぐにレートが変わってしまうのでわからないでもないですが、反射神経にものを言わせてオーダーしてもあまり効果はないみたいです。もちろん指値で注文すればよい話です。
 成り行きのクローズ時は、動きがある程度ある時でもすんなり約定してしまうところが少し不思議です。

 本来はこちらのシステムの方がディーラー向きなわけで、こちらに慣れるしかありません。オーダーの出し方を少し研究してみます。