デリバティブ、レバレッジ商品は本当に危険か

 投資を始める時の初期資金というのは、皆さんどの程度でしょうか?
30万円?、50万円?、100万円?年代によってもかなり違うようですが、20代後半から30代にかけての方は、50万円程度という方が多いようです。
 それでは、利益目標額は?
多ければ多いほどよい、という回答が一番多いようですが、もう少し具体的には
「1年でできれば3倍から5倍、10倍までいけたら最高、最低でも2倍ぐらいはいきたい」
というような回答も多いみたいです。

 数年前、日経平均や新興市場がどんどん値上がりしたとき、1年で2倍から5倍の株価になる会社もそれほど珍しくなかったかもしれません。ところが、今はどうでしょうか?
来年、再来年あたりに株価が2倍、5倍になる会社を探すのは結構大変なのではないでしょうか?株式相場の追い風に乗れるかどうかの運もあるような気がします。

 「株は将来への投資、方法さえ間違えなければ、毎年安定して2割から3割の利益を出せる」
確かに正論です。ただここには少し条件があるような気がします。ポートフォリオや資金管理を考えますと最低でも500万円以上の資金は必要なように思います。
普通のサラリーマンの方が500万円の余裕資金を作るには、5年から10年ぐらいはかかってしまうのではないでしょうか?
資金50万円、年20%の運用なら、投資信託という選択肢もあるように思います。

 FX、日経225先物、商品先物などでは、きちんとした方法を身につければ、年5倍から10倍はそれほど難しいことではないかもしれません。ただ50万円が0になってしまう危険性も十分あります。なので私はシートベルトをガチガチにしめて、リミッターを120キロ当たりにしてのトレードです。
 50万円であればボーナスと毎月の貯金で、1年あればなんとか貯められそうな金額です。
仮に1年で0円になってしまっても、また翌年50万円で始められます。トライアンドエラーで上達していけば、3年程度あればかなりいろいろわかるようになる気がします。
 それに株式投資の1か月程度で起きていることが、デリバテイブのデイトレであれば1日で起きているようにも思います。スピードが格段に早いです。それだけに危険でもあり、短期間に学べることも多いように思います。

 くれぐれも株式投資を否定しているわけではありません。
ただ、日本株にあまり追い風が吹きそうもない時期に、期待収益を考えれば、デリバティブ、レバレッジ商品を選択することは自然な流れなように思います。
 きちんと安全運転をしていれば、デリバティブ、レバレッジ商品は決して、
「初心者には危険」
の一言で片づけられてしまうトレード対象ではないように思います。

「極」
http://www.enjyuku-forex.com/modules/content/content0157.html
で、FXの期待収益性の高さを書いています。よかったらこちらも参考にしください。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する