FXスキャルパーです

 いよいよ先がわからない為替相場になってきてしまった感じです。
米国の経済指標の発表後も市場は必要以上のネガティブに受け止めたり、ポジティブに受け止めてカウンターに動いたりと、その場その場で対応が違う感じです。
 こうなると裁量の中長期のスイングポジションは取りずらいですね。

 最近はごく短い時間のトレードばかりです。本日もユーロ円の9時から11時過ぎあたりまでの下落を狙ったトレードと、夕方4時頃からの英国経済指標発表を睨んだ乱高下を狙ったトレードだけです。本当にポジションを持っている時間が短いですね。
 
 このままでは「FXシステムトレーダー」ではなく「FXスキャルパー」に看板を掛け替えないといけなくなりそうです(笑)。