ヘッジファンドの行方

サブプライム問題もモノラインの問題からヘッジファンドの破綻懸念問題へと、段階が一段階変わったようです。先週からの商品先物の売りはヘッジファンドの解約に伴う投げ売り説が出ていますね。こうなると思い出されるのがLTCMの破綻です。
 ただ、最近のヘッジファンドはLTCMのような大規模なものはほとんどなく、小さな規模のものばかりです。投資スタイルも大きなレバレッジをかけたマーケットスクエア的なものではなく、それほど高いレバレッジはかけていないので、大きな破たん問題にはならないのではないかという見方もあるようです。

 小さなヘッジファンドは一つ一つではそれほど影響力はないので、破たんしてもそれほどニュースにはならないかもしれません。情報が入らない間にたくさん破たんしていて・・、などということにならなければ良いのですが。

 NYダウも米国ドルも日本株もそろそろ底を打った、商品相場も高騰が収まったので、今が買い戻しの絶好のチャンスというコメントを出されている方も増えてきたようです。

 私は楽観視はしていません。まだ米国の不動産は下がるような気がしますし、日本の不動産バブル破裂はまだ始まったばかり、という意見に賛成です。

 下降トレンドの景気の踊り場は
「大底を買いに行くなら、今が絶好のチャンス」と発言する人が多数いる。
本当の大底は
「もっと、もっと下がる。早く売ってしまえ」と発言する人が多数いる。
そして数カ月して気がつくとそこが大底だった。

というような状態だと何かの本で読んだことがあります。
この考え方は経験上、当たっているような気もします。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【7月11日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【7月12日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【7月18日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する