介入はあるのか?

 先週末から本日にかけて、急激に円高が進んでいます。
ドル円はとうとう102円台に突入ですね。105円以下のレートを見るのは久しぶりだなあ、なんて思っていたのもつかの間、あっという間に102円台ですね。
 102円台は実に2005年の1月以来です。
 次にくるのはまさかの100円割れということになるのですが、100円以下のレートを見たことがない方も多いと思います。
「100円割れは絶対にない。介入して阻止するだろう」
とお考えな方も多いと思います。
ただ、100円を割れそうになった時に本当に円売り介入はあるのか??

 介入は日銀が円を売って米ドルを大量に買えば済むことと考えがちですが、実はそう簡単にも行かないみたいです。
 きちんとアメリカ政府の了解を得ないとまずいみたいですね。そうしないと「為替レート不当介入国家」のレッテルを貼られかねないようですし、日本独自にやってもあまり効果はないようです。米国とできればECBの協力も必要なようです。なおかつ国際的に「米ドルは100円割れを起こさせない」といった政治的なアナウンスとコンセンサスが効果的なようですね。今の状況ではそれは難しいです。
 アメリカは御存じの通りの経済状況で実はドル安による景気回復を暗に望んでいる状況です。ECはこれ以上のユーロ高は望んではいないでしょう。となるとドル円の100円割れも国際的に見れば別に問題なしととらえられてしまいそうです。

 100円を割れてどんどん円高が進むかと言えばそうでもないような気がします。歴史的に見てもドル円が100円を割れている期間と言うのは非常に短いです。
 それに米ドルの次に売り浴びせにあうのは円のような気がしてならないのですが・・・。

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する