イートラン

 イタリアンレストランチェーンのサイゼリア(安くて有名な)が新規事業として展開しているイートランというハンバーガーショップへ久しぶりに行ってみました。
 私が住む街にはハンバーガーショップが3店あります、有名なMa、味と品質が売りのMo、そしてこのイートランです。普段はMoへ行くことが多いですが、混んでいることが多いので、空いていることと安さが売りのこのお店へ今日は行くことにしました。
 レタスとトマトがきちんと入ったレタスバーガーが100円、チーズバーガーも100円、ミートタコス、チキンタコスという他にはないメニューもあって、こちらも100円です。この価格設定はさすがサイゼリアといった感じですが、味はまあそれなりにです。一応国産提携農家の野菜を使用ということなので、少し安心かなと。

 今回驚いたのが、注文がすべて自動レジになっていました。駅で切符を買うみたいに注文品を選んで、指示された金額を入れると領収書と引き換え券が出てきます。ちょっとすると店員さんが商品を持ってきてくれるという方法です。店員さんは女性1人だけでした。
 店員さんはおそらくレンジでチンするだけ、おそろしく簡単でスピーディーです。
「サービス業が一番人件費の削減が難しい」といわれているだけに、ある意味のこファーストフードチェーンの試みは画期的なような気がします。これならほとんどの商品を100円で売っても利益が出せると思います。
 近いうちにファミレスでも学食みたいに自分でチケットを買ってセルフサービスで食べるという方式が出てくるのかもしれません。サービス業の万年人手不足対策としては一番効果的な方法のような気もします。
 ファーストフードやコンビニ、紳士服チェーン店の店長の残業代問題が注目されています。こういった問題が出てくれば出てくるほど、サービス業の自動化を進めようという動きも出てくるかもしれませんね。